バレンタインチョコを渡す時の失敗につながる方法3つ!

バレンタイン用のチョコレートを作っている時や買っている時はドキドキしますよね。ですが、それを意中の彼に渡す時はもっとドキドキします。「好きな人に少しでも気持ちを伝えたい…!」だからこそ、渡す時は失敗したくないものです。今回は、バレンタインで好きな彼にチョコを渡す時、ありがちな失敗と対処法をご紹介します!

失敗①失敗したバレンタインチョコを渡す


バレンタインで手作りチョコを渡す時は、形が少しいびつなくらいなら大丈夫ですが、味が美味しくないとか、箱を開けて汚い印象を与えるのは逆効果です。好きな彼のために頑張ってバレンタインチョコを手作りするのも良いですが、渡す前に一度練習用として作ってみるか、うまく作れない場合は市販のバレンタインチョコに切り替えることも大切です。

失敗②ホワイトデーのお返しを催促する


ちょっと気心が知れている男性に渡す時、つい「ホワイトデー期待してるから!」と冗談半分で伝えてしまうことがありますが、これもおすすめできません。男性からすればチョコをもらうのは嬉しいことですが、お返しまで催促されると少しうんざりしてしまいます。「良かったら食べてね」くらい謙虚でいた方が、好印象を与えますし、ホワイトデーが期待できますよ♪(笑)

失敗③仲良くないのに手作りバレンタインチョコ


職場のような上下関係がある間柄や、それほど親しくもないのに手作りを渡すと、男性は一気に引いてしまいます。年齢がアラサーくらいの女性ならなおさらです。好きな男性と2人でご飯を食べに行くくらい仲が良いなら良いですが、ちょっと世間話をするくらいだったり、好きな人が職場の人なら、手作りではなく市販のチョコレートをあげた方が無難です。

まとめ


バレンタインチョコの失敗は、気持ちが高ぶっているからこそ起きてしまうともいえますが、実際に起きてしまうと彼との距離が余計に広がってしまいます。相手との距離感を見極めて、手作りチョコか市販のチョコか決めていきましょう!