好きな上司に、バレンタインの本命チョコを渡すのはアリ?

好きな人が上司の場合、どうアプローチして良いか分からないですよね。そろそろバレンタインが近いですが、上司が本命の場合、バレンタインのチョコは渡した方が良いのでしょうか?それとも、渡さない方が良いのでしょうか?今回の記事で、詳しく解説していきます!

渡した方が良い場合


普段から上司と気さくに話せる、相談事などを親身になって聞いてくれるといった場合は、バレンタインチョコをあげても問題ないでしょう。むしろあなたに対して気さくな上司なら、好意的な印象を持ってくれているはずなので、チョコをあげれば喜んでくれるはず♪バレンタインを名目に、「いつもお世話になっているので、良かったら仕事終わりに食事でもどうですか?お渡ししたいものもあるので…。」とデートに誘ってみるのもおすすめです!

渡さない方が良い場合


社内規定が厳しい職場や、気難しい上司の場合、渡さない方が良いこともあります。厳しい職場の場合、本命チョコよりも仕事面で上司のサポートをしつつ、気配りをしてアピールしていきましょう!2人きりになれるなら、勇気を出して渡してみるのも良いですが、本命だと気づかれないように、「良かったら食べてください」とサラッと手渡すのがおすすめです。

上司ならチョコ以外をあげる方法もおすすめ!


本命チョコを渡したい、でも上司に甘いものをあげるのはちょっと…。という方は、ペンケースやハンカチ、質の良いボールペンなどをプレゼントするのも良いですよ!仕事で使うものなら上司も喜んでくれますし、バレンタインチョコよりも渡しやすいです。また、もらった上司にも気を遣わせない方法でもあります。

まとめ


元々距離感が近い関係なら本命チョコをあげても良いですが、距離がある関係、厳しい職場に勤めている場合は渡さない方が良いこともあります。お互いの距離感を意識して、渡すかどうか判断していきましょう。渡すとしたら2人きりのタイミングで、上司に直接手渡すと好印象を与えられますよ♪