アラサーのハロウィン仮装は痛い?そう感じせない方法とは!?

こんにちは!レイカです♪季節はすっかり秋ですね~。秋といえば読書、食欲、そして忘れちゃいけないのがハロウィンです!ハロウィンの仮装、私もすっごく興味あるんですけど、アラサーのハロウィン仮装って、ちょっと痛く見られないか心配です…。そこで今回は、アラサー女子のハロウィン仮装が痛く見えない方法やファッションについてご紹介していきます♪参考にしてくださいね★

痛いと思われるハロウィン仮装


では、実際にどんなハロウィンの仮装をすれば、アラサー女子が痛いと思われるのでしょうか?とある調査によると、圧倒的に痛いと思われる仮装は「フリフリのプリンセス」でした。うーーん。なんとなく分かるかも!(笑)自分だったら痛いだろうなと今一瞬で思いました(笑)他にも着ぐるみやゾンビメイクを施したゾンビ、セクシーすぎる魔女なども男性からは「痛い」と思われる仮装のようです。着ぐるみ、私は結構興味あるんですけどね…(泣)セクシーすぎたり、メイクが派手だったり、仮装が幼稚な印象を受けるものは、痛いと思われやすいようです。

じゃあ結局どんな仮装なら良いの?


アラサー女子が実際に仮装しても痛いと思われないのは、ナースや婦人警官、ソフトな魔女です(笑)ソフトな魔女というのは、露出が派手すぎないファッションのこと。あまり露出が派手だと、逆にだらしなく見えてしまうようです。ナースや婦人警官も、胸元が隠れたキッチリ系の仮装なので、アラサー女子にも似合いますし、逆にセクシー感を演出できます。メイクは派手すぎず、逆にハロウィンらしいネイルやアクセサリー、帽子でハロウィン気分を出してみてください♪

まとめ


ハロウィンの仮装は、自分が好きなファッションにしたいですが、それを着て「痛い」と思われてしまったらかなり悲しいですよね…。ご紹介したようなハロウィンの仮装はアラサー女子でも似合うものばかりなのでおすすめですよ!どんな仮装にしようか迷った時は、ぜひ記事内容を参考にしてくださいね★