効果的な恋愛のアプローチ方法は?心理学を駆使してアピールすべし!

「恋愛のアプローチ」といっても、具体的に何をすれば良いのか、分からないですよね。アプローチができるほど距離が近ければ良いですが、中には話したくても話しかけづらい関係もあるでしょう。そこで、今回は、あらゆるパターンで活用できる効果的な恋愛のアプローチ方法を、心理学の視点から解説します!ぜひ参考にしてくださいね♪

心理学①近接の要因


人間は、距離が近かったり、会う頻度が多い人に対して好意を持ちやすいといわれています。あとは自分と同じ趣味を持っている異性にも興味を惹かれやすいといわれています。職場で好きな人と良く会う人は、1日1回でも言葉を交わせるように心がけたりとか、なかなか会えなくてもSNSで繋がって彼の投稿に「いいね!」をしたり、彼と好みが合いそうな写真をアップすることで好感が持たれやすくなります。

心理学②返報性の法則


この心理学は、恋愛で異性に好意を持つと、それを受けて相手もあなたに好意を持ちやすくなるというもの。恋愛中は、アプローチしようと思っても恥ずかしくてできない方もいるかもしれません。そういった方はなるべく気持ちを素直に表すようにして、「かっこいい!」といった褒め言葉よりも「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えるのがおすすめです。気持ちが伝われば、返報性の法則で男性もあなたに対して良い印象を持ってくれるはずです♪

心理学③自己開示の法則


自己開示というのは、その名の通り自分の心を開くことです。そうすると相手からも信頼してもらいやすくなります。好きな男性とじっくり話せる時間があれば、あなたから自己開示して、お互いに話しやすい空気を作っていきましょう。お互いで秘密を共有したり、相談事するのも恋愛のアプローチに効果的ですよ!

まとめ


恋愛のアプローチではご紹介したような心理学を知っておくと何かと役立ちます!まとめると、頻繁に顔を合わせて、好意が少し相手に気付かれるように、心を開いて男性と接するということです(笑)記事内容を参考にして、気になる男性にアプローチしてみてくださいね♪