好きな人を怒らせたらどうする!?関係を壊さない謝り方

こんにちは。レイカです!片思いは楽しいこともたくさんありますが、悲しいこと、辛いことが起きてしまうことがあります。もし、好きな人を怒らせたとしたら…。考えるのも嫌ですが、そうなった場合に役立つ、関係を壊さない謝り方を今回ご紹介します!誠意が伝わるように謝り方を工夫すれば、逆に良い印象を与えることもできますよ。ぜひ参考にしてみてください。

誠意が伝わる謝り方


では、具体的に好きな人を怒らせた時、どんな謝り方が効果的なのでしょうか?まずは、悪いと思っていることを相手に直接謝ります。それから好きな人の感情を思いやる言葉を伝えて、問題をどう対処していくのかを話していきます。相手の話を聞かずに一方的に話してしまうと、言い訳のように聞こえてしまうので、話している最中は好きな人の言葉にもしっかり耳を傾けるようにしましょう。最後にまた「ごめんね」と気持ちを伝えて、真摯に接していくのが、相手に誠意が伝わる謝り方です。

好きな人を怒らせた場合は、なるべく直接謝る


遠い距離にいない限り、好きな人に謝る時はなるべく直接会って謝るのがおすすめです。直接会えれば、表情や身振り手振り、声などから、より気持ちを伝えることができます!そして、最も大事なことは好きな人の気持ちを想像しながら謝ることです。「そんな思いさせてしまってごめんなさい」と心を込めて伝えれば、好きな人にも誠意が伝わりますし、相手の立場になって考えることで、どう行動すれば良いのかも分かってきます。

まとめ


好きな人を怒らせる状況はあまりないかもしれませんが、職場の上司に片思いをしている場合などは、仕事関係で怒らせてしまうこともあるかもしれません。なるべく早く謝って対処をすることで、より強い信頼関係を築くことにつながりますよ。ぜひ、ご紹介した謝り方を参考にしてみてくださいね。